マリナー banner close    ディズニークルーズ banner close      オアシスオブザシーズ banner close  

グループ会社別

カジュアル客船

プレミアム客船

ラグジュアリー客船

リバークルーズ

極地

帆船

日本船

ダイビング

レストラン船

新着情報

2017年6/23

MSC、LNG焚き20万トン客船をSTXフランスへ発注

MSCクルーズは、STXフランスとLNG燃料推進の大型客船2隻とオプション2隻について覚書(MOA)を交わした。20万総トン型で、MSCクルーズの運航船で最大になる。確定分2隻は2022年と2024年、オプション建造分は2025年と2026年に引き渡しを予定している。昨年春に基本合意を交わした「ワールド・クラス」と題する新クラス客船。「ワールド・クラス」シリーズは、全長330メートル、幅47メートル、乗客数6850人、客室数2760室。LNG燃料推進エンジンを搭載する。調印式にはフランスのエマニュエル・マクロン大統領も同席した。MSCはSTXフランスと2026年まで客船の開発や建造でパートナーシップを結んでいる。MSCは先日就航した「MSCメラビリア」(17万1598トン)の「メラビリア・クラス」もう一隻と、「メラビリア・プラス・クラス」2隻をSTXフランスに発注しているほか、イタリアのフィンカンティエリへ16万トン「シーサイド・クラス」3隻を発注している。

2017年6/21

スーパースター ヴァーゴ、日本発着開始時に施設名変更

スタークルーズは7月から、「スーパースター ヴァーゴ」(7万5338トン)のレストランなど一部施設名を変更する。ブランド強化の一環として、日本発着クルーズの就航に合わせ変更する。新しい施設名は下記のとおり。7月6日より有効。各施設のサービス内容には変更はない。■新施設名(旧施設名)/施設概要<br /> スターダイニングルーム(ゲンティンパレス)/インターナショナルダイニング、リド(メディテラニアンビュッフェ)/インターナショナルビュッフェ、シルクロード(ノーブルハウス)/中華料理、ヒューミドール(デン)/シガーラウンジ、アーケード(プレイディア)/ゲームルーム、ゾディアックシアター(リドシアター)/シアター

2017年6/20

ロイヤル・カリビアン、8月にオアシスで皆既日食クルーズ

ロイヤル・カリビアン・インターナショナルは(RCI)、今年8月、アメリカで皆既日食を観測するクルーズを実施する。使用するのは世界最大客船「オアシス・オブ・ザ・シーズ」(22万5282トン)。皆既日食が起きるのは8月21日。クルーズは8月20日にポートカナベラルを出航、翌日皆既日食を観測し、フィリプスバーグ、シャーロットアマリー、ナッソーに寄港し、27日にポートカナベラルに帰着する。皆既日食がアメリカ本土の西岸から東岸まで横断するのは99年ぶり。RCIのマイケル・ベイリー社長兼CEOは「アメリカ全土で皆既日食が観測されるのは1918年以来。オアシスに乗船するお客さまは約一世紀ぶりの神秘的な現象を洋上で体験いただける。多くの冒険家たちが待ち望むこの瞬間は、忘れられないものになるだろう」と述べている。船上では特別ゲストを招いたコンサートや、皆既日食をテーマにしたダンスパーティー、ミニクイズ、セミナー、子どもも楽しめる科学プログラムなどのアクティビティーが実施される。皆既日食にちなんだオリジナルカクテルも登場、世紀のイベントを盛り上げる。

2017年6/18

「MSCメラビリア」、ル・アーブルで命名式開催

MSCクルーズは3日、「MSCメラビリア」(17万1598トン)の命名式をル・アーブルで開催した。「MSCリリカ」以降、MSCクルーズの客船すべてを命名した女優のソフィア・ローレン氏が式典に参加し、命名者を務めた。<br /> <br /> 式典では、世界的な歌手のパトリック・ブリュエルや、ユニセフ親善大使のキッズ・ユナイテッドによるコンサートを実施。シャンパンボトルを船体にぶつける伝統の儀式が行われ、花火が打ち上がるなど同船の就航を華やかに祝った。<br /> <br /> 同社のピエルフランチェスコ・ヴァーゴ会長は「MSCメラビリアはわが社にとって第二段階の成長の始まりを告げるものだ。今夜、わが社初の次世代客船の命名式を迎えることを誇りに思う。2017年から2020年までに建造予定の新造船6隻は革新的なプロダクトとデザインを特徴とし、最新鋭の海洋技術と顧客重視のテクノロジーを備えている。MSCメラビリアは客船そのものが目的地になるというクルーズの新基準に沿って、このビジョンを実現させる最初の客船だ」とコメントした。<br /> <br /> 式典には同社の親会社MSCグループのトップマネジメントが列席し、MSCグループの創設者であり、同船のオーナーである会長のジャンルイジ・アポンテは、アポンテファミリーおよびアポンテ・ヴァーゴ・ファミリーとともに参加した。<br /> <br /> 同船はメラビリア・クラスの第1船で、MSCクルーズの船隊のなかで最大。10種類の客室を擁し、75パーセントの客室にバルコニーを備える。最新技術を駆使した「カルーセルラウンジ」では、シルク・ドゥ・ソレイユと提携するショーを毎晩2回、週に6日上演。屋内プロムナードには長さ96メートルものLEDスクリーン「LEDスカイ」を設けるなど、最新鋭の施設を数多く搭載した。<br /> <br /> 同船は4日にル・アーブルを出港し、ジェノバへ向かうデビュークルーズに出航した。6月11日からジェノバ、マルセイユ、バルセロナなどに寄港するクルーズに就航する。

2017年6/15

マジェスティック・プリンセス、アジアの新コース発売

プリンセス・クルーズは、4月に就航した新造船「マジェスティック・プリンセス」(14万3000トン)の来年2~3月の新コース「グランド・アジア15日間」を2本発表した。同船は7月から上海発着クルーズに就航予定。今回発表されたのは1本目が2018年2月25日出航の上海からシンガポールへのコース、2本目が同3月11日出航のシンガポールから上海へのコース。日本、韓国、ベトナム、タイに寄港する。同船は5月21日にローマから上海に向かう50日間の「海のシルクロード」クルーズに出航。アテネ、ドバイ、コーチン、シンガポール、ポートケラン、アモイ、基隆、横浜、大阪などに寄港し、7月11日から上海発着クルーズに就航する。

2017年6/13

日本のクルーズ人口、過去最多の24万8000人

2016年の日本のクルーズ人口は過去最多の24万8000人となった。国土交通省が2日発表した2016年のクルーズ動向調査によると、前年より2.7万人(12.4%増)増加。乗客数の増加は3年ぶりで、5年連続の20万人台となった。要因には、外国船社の配船数の増加に伴う日本発着外航クルーズ数の増加などが挙げられる。泊数別では、国内クルーズは3~4泊が31.5%と最多。前年の2泊(32.1%)より長くなったものの、平均泊数は2.5泊で、昨年の2.7泊からさらに短くなった。外航クルーズでは5~7泊が47.5%と最も多く、前年(35.3%)同様。平均泊数は7.7泊で前年の9.2泊から短くなった。乗客数に泊数を乗じた人泊数は、国内クルーズ、外航クルーズ合わせて、前年比2.8%減の142万人泊だった。外航クルーズの乗客数は2.1万人増加し、15万4000人(前年比15.5%増)、人泊数は118万9000人(同3.3%減)。内訳は、日本船社分が1万人(同2.0%増)、10万9000人泊(同48.9%減)。外国船社分が14万4000人(同16.6%増)、107万9000 人泊(同6.3%増)となった。目的地はアジアが32.0%、次いで地中海(エーゲ海・黒海)13.7%、北欧・バルト海13.7%。国内クルーズの乗客数は9万4000人(前年比7.6%増)、人泊数は23万2000人泊(1.7%減)。うちクルーズ船分が9万3000人(同8.4%減)、23万1000人泊(同1.5%減)、内航フェリー分が400人(同60.0%減)、1000人泊(同35.7%減)。日本を発着する外航旅客定期航路(フェリー、高速旅客船)を利用した日本人乗客数は、日韓航路乗客数の回復により、前年より1万3000人増加し、15万4000人(前年比9.5%増)となった。クルーズ船の寄港回数は、外国船1,443回(前年比478回増)、日本船574 回(同85回増)で、合計は過去最多の2,017 回(同563 回増)。外国船社による中国発着の日本寄港クルーズの拡大が大きく寄与した。クルーズ船で日本を訪れた外国人旅客数は約199万2000人(前年比78.5 %増)で、過去最多となった。

2017年6/12

ポナン、新造船4隻に水中のラウンジ設置 業界初

ポナンは、現在建造中の新造船4隻に業界初となる水中のラウンジ「ブルー・アイ」を設置する。同ラウンジは船の水面下のエリアに設け、その壁面の窓から海中の様子をのぞくことができる。この探検船の新シリーズ「ル・ラペルーズ」「ル・シャンプラン」「ル・ブーゲンビル」「ル・ケルゲレン」の4隻は、フィンカンティエリ・グループ傘下のノルウェーのヴァルド造船で建造。2018年夏に2隻、2018年夏に2隻が就航する予定。

2017年6/11

RCI、日本人コーディネーター乗船コース追加発表

ミキ・ツーリストは、日本販売代理店を務めるロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)が運航する「マリナー・オブ・ザ・シーズ」(13万8279トン)の2017年9月~10月のシンガポール発着クルーズに日本人コーディネーターを乗船させる。本コースが設定されたのに合わせ、乗船を追加した。日本人コーディネーターが船内生活を日本語でサポートする。乗船コースは以下の通り。■マレーシアショートクルーズAコース 3泊4日出発日:2017年9月15日・22日・29日、10月6日・13日シンガポール~ポートクラン~シンガポール■ペナン・プーケットクルーズ 4泊5日出発日:2017年9月18日・25日、10月2日・9日シンガポール~ペナン~プーケット島~シンガポール■東南アジアクルーズ 5泊6日出発日:2017年9月10日シンガポール~ポートクラン~ペナン島~プーケット島~シンガポール

2017年6/8

ピースボート、客船を新造発注 6万トン、乗客定員2,000人

ピースボートは5月30日、環境対応型のクルーズ客船“エコシップ”の新造で、フィンランドのアークテック・ヘルシンキ造船所とLOI(基本合意書)を交わしたと発表した。正式契約も近々締結する予定で、2020年春に就航する計画。5月30日からノルウェー・オスロで開催されている国際海事展「ノルシッピング2017」で両社がLOIを締結した。客船の開発では、ノルウェー・ドイツ船級協会DNVGLも協力する。ピースボートとDNVGLは、昨年9月開催のハンブルクの国際海事展「SMM」で客船の開発協力で覚書に調印していた。新造船は総トン数6万トンで、乗客2,000人、キャビン数750。スペインのデザイン会社オリバー・デザインのデザインを採用する。今回の発表ではその他の概要は明らかにしていないが、デッキ上に帆を10基設置するほか、LNG燃料推進、太陽光発電、排熱回収システムなどの環境対応装置を搭載する計画となっている。ピースボートの吉岡達也代表は「今までにない革新的な“エコシップ”が海事産業におけるゲームチェンジャーとなり、環境保護に貢献する」とコメントしている。ピースボートは現在、「オーシャン・ドリーム」(3万5265トン)による地球一周クルーズなどを実施している。建造するアークテック・ヘルシンキ造船所は、砕氷船や極地向け船舶などの特殊な建造技術を要する船種を得意としている。世界で運航している砕氷船の60%のシェアを持ち、昨春、世界初のLNG炊き砕氷船を引き渡した。客船建造ではフィンランドの客船クラスターを活用するとしている。

2017年6/7

ノルウェージャン・ブリス、起工式を開催

ノルウェージャンクルーズライン(NCL)は24日、ドイツのマイヤー・ヴェルフトで建造中の「ノルウェージャン・ブリス」(16万7800トン)の起工式を開催した。<br /> 式典に際して、同船のキールブロックのひとつが会場に持ち込まれ、航海安全と乗員の幸運を祈願しコインをブロックにとりつける伝統的なセレモニーを執り行った。コインには同船の船体イラストを手がけた海洋生物アーティスト、ワイラン氏のデザインによる船体がエッチングで刻まれた。引き渡しは2018年4月予定。式典に出席したアンドリュー・スチュアート社長兼CEOは「ノルウェージャン・ブリスの起工を迎えられ非常にうれしく思う。NCL16隻目となるこの船は、これまでの艦隊をしのぐ最先端の船だと確信している。落ち着いた雰囲気の展望ラウンジや、スイートルーム専用スペースなどのコンセプトについて、既に多くの人から興奮と大きな期待が寄せられている。マイヤー・ヴェルフト社の最先端技術によるこの船が活躍する日が楽しみだ」と語った。

2017年6/5

ウインドスター、ジェームズ・ビアード財団公式クルーズラインに

ウインドスター・クルーズは、ジェームズ・ビアード財団とコラボレーションし、ジェームズ・ビアード財団公式クルーズラインとなる。同財団は北米における料理界のアカデミー賞ともいわれるジェームズ・ビアード賞を設立した。2017年のほぼ月に一度、同財団認定のシェフを船に招き、各シェフによる料理やプレゼンテーション、マーケットツアーなどを実施する。同社のジョン・デラニー社長は「ジェームズ・ビアード財団とのパートナー・シップのおかげで、信じられないほど豪華なシェフが並んでいる」とコメントしている。乗船コースは下記の通り。<br /> ■2017年6月16日発 「スター・レジェンド」美食とワインの国々 西ヨーロッパ4カ国クルーズ10泊■2017年8月4日発「スター・レジェンド」白夜の北極圏をゆく アイスランドとフィヨルド・クルーズ 11泊■2017年9月2日発「ウインド・サーフ」<br /> 美しきスコットランドの旅 英国・アイルランドクルーズ 8泊■2017年10月18日発「スター・プライド」紺碧のリゾートを満喫 西地中海の島々 3カ国4島めぐりクルーズ■2017年11月10日発「ウインド・スター」アクアマリンの風 ウインドワード諸島クルーズ 7泊■2017年12月9日発「スター・プライド」伝説の島々へ サンファン&amp;バージン諸島クルーズ

2017年6/4

ウインドスター、2018年に20年ぶりアラスカクルーズ

ウインドスター・クルーズは、2018年に20年ぶりのアラスカクルーズを実施する。2018年は同社初となる日本寄港を含め新たなエリアに就航。26本の新コースが登場する。アラスカクルーズには「スター・レジェンド」(9,975トン)が就航。同船は日本寄港クルーズの後北上して、5月からアラスカに就航する。すべてのクルーズでトレイシーアームとミスティーフィヨルドをクルーズ。小柄な船体を生かしたコースをとる。ネイティブ・アメリカンをゲストスピーカーとして招いてのレクチャーなども実施する。このほか「スター・プライドが」8月~10月にカナダ・ニューイングランドクルーズに就航する。

2017年6/3

スタークルーズ、ヴァーゴ日本発着第二弾に千原せいじら

スタークルーズは、今年7月から11月まで実施する「スーパースター ヴァーゴ」(7万5338トン)の大阪・横浜発着「ヴァーゴthe よしもと@クルーズ」の出演者第二弾として、千原せいじ、河本準一、村上ショージ、しずちゃんをはじめとする総勢23人の出演を発表した。即興コメディーの「THE EMPTY STAGE」を上演する。THE EMPTY STAGE は、「即興」をテーマにした「ONE-MAN TALKSHOW(1 人喋りショー)」と「IMPROV SHOW featuring The SecondCity(新ジャンルの即興コントショー)」 の二部構成。アメリカ最大級のコメディ集団『The Second City(セカンドシティ)』のコメディのメソッドを取り込んだ新ジャンルの即興コントショーを行う。出演者の詳細は以下のとおり。【出演者情報】■7月15日(土)・ONE-MAN TALK SHOW…河本準一(次長課長)<br /> ・IMPROV SHOW…ケン(水玉れっぷう隊)、川谷修士(2丁拳銃)、八木 真澄(サバンナ)、玉城泰拙・宮平享奈緒(セブンbyセブン)、井元英志・蛭川慎太郎(インポッシブル)■7月22日(土) ・ONE-MAN TALK SHOW…・村上ショージ <br /> ・IMPROV SHOW…しずちゃん(南海キャンディーズ)、金成公信(ギンナナ)、宮地謙典(ニブンノゴ)、熊谷岳大(ガリットチュウ)、林大介(かたつむり)、<br /> 黒沼誠・宮川英二(ボーイフレンド)■7月29日(土) ・ONE-MAN TALK SHOW…千原せいじ(千原兄弟)・IMPROV SHOW…竹若元博(バッファロー吾郎)、菊池健一(ギンナナ)、森本英樹(ニブンノゴ)、大川知英(ニブンノゴ)、松浦志穂・小川暖奈(スパイク)

2017年6/2

MSC、新クラス4隻でシルク・ドゥ・ソレイユのショー上演

MSCクルーズは、シルク・ドゥ・ソレイユと提携し、2020年までに就航する新クラス「メラビリア・クラス」「メラビリア・プラス・クラス」の4隻でオリジナルショーを上演する。4隻それぞれに異なる2種類のショー、計8作品を制作する。各船のオリジナルショー2種類はそれぞれ異なるコンセプトで制作。ストーリーや雰囲気、衣装など全く違うものになり、週6日、各1日1回ずつ上演する。さらに、ショーとともにディナーを楽しめる同社初の試みも登場。ディナーは、テーブルセッティングからメニューまでショーの世界観を補完するよう特別に考案する。メニューは3コースをそろえ、上演1時間前から開始。上演開始30分前からはカクテルの提供もし、そこでディナーをしない乗客もカクテルや菓子とともにショーを楽しむことができる。同社は6月4日に初就航する「MSCメラビリア」(16万7000トン)で上演されるショーの概要を発表。一つ目は「VIAGGIO」(ヴィアッジョ)で、情熱的でエキセントリックなアーティストが正体不明の女神の呼び声を聞くというストーリー。2つ目の「SONOR」(ソノール)は、ダンスやアクロバットなどリズム感のあるパフォーマンスを提供する。

2017年5/31

国交省、4月の客船寄港回数を発表

国土交通省は、2017年4月のクルーズ客船の日本の港への寄港回数を318回(前年同期比1.48倍)と発表した。内訳は日本船68回、外国船250回。今年1月から4月までの寄港総数は695回(前年同期比1.54倍)となった。国土交通省は2016年7月から毎月1回、客船の寄港回数を「Japan Cruise Report」としてホームページで公表している。

2017年5/28

プリンセス、熊のマスコットキャラクターが登場

プリンセス・クルーズは、新しい熊のマスコットキャラクター「スタンリー」を今年のアラスカクルーズから船上に登場させる。同社創業者スタンリー・B・マクドナルド氏に敬意を表したこの名前は、約9,000人が参加したフェイスブック投票で命名された。スタンリーはすべてのアラスカクルーズに乗船し、写真撮影やユース&amp;ティーンセンターでの子供向けの読み聞かせなど船上エンターテインメントで活躍する。フォーマルナイトには船長服、日中には木こりの扮装など、ドレスコードや寄港地に合わせた服装もする予定。7月から上海発着に就航予定の同社の最新船「マジェスティック・プリンセス」にも、上海での就航式典に合わせて乗船する。スタンリーは目的地に合わせた旅支度をしており、中国では伝統的な唐装、日本では浴衣姿など、寄港地の伝統衣装も身につけるという。船上のショップでは24.95ドル(約2,900円)でスタンリーのぬいぐるみを販売、売上金の一部を「プリンセス動物愛護スポンサー(PAWS)」の支援金として寄付する。乗客は「#StanleyAtSea」のハッシュタグで、SNSでスタンリーとのクルーズ体験をシェアできる。

2017年5/27

クルーズプラネット、ダイヤモンドチャーターで宝塚イベント開催

クルーズプラネットは、2017年8月12日横浜発の「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5875トン)のチャータークルーズで、宝塚歌劇団卒業生によるイベントを開催する。エイチ・アイ・エスと共同でのチャーター。3人組ユニット「スパークリング・マルシェ」としても活躍する宝塚歌劇団卒業生の大峯麻友さん、優花えりさん、真丘奈央さんが乗船し、トークショーやメイク講座、記念撮影会(有料)などを実施する。ほかにも、チャータークルーズのオリジナルイベントとして、「洋上初!法律相談会」「船上で歌声喫茶」「東京交響楽団弦楽四重奏コンサート」を開催する。同クルーズは8月12日発の横浜発着で徳島小松島、釜山、大阪、清水をめぐり、熊野沖で熊野大花火大会を観覧する8泊のコース。

2017年5/26

セレブリティ、春の日本発着報告 2本とも満船で実施

セレブリティクルーズの「セレブリティ・ミレニアム」(9万963トン)の4月22日出航の自主クルーズと30日出航のチャータークルーズは、いずれも満船での実施となった。日本販売代理店ミキ・ツーリストがこのほど発表した。4月22日出航の「日本一周 春色クルーズ9日間」はセレブリティクルーズにとって初の自主運航での日本発着。日本人の乗客は全体の7割だった。コースは横浜~長崎~釜山~新潟(初寄港)~青森(初寄港)~仙台(初寄港)~横浜。乗客は日本各地の寄港地の花めぐりや、船上での地酒を集めたテイスティングセミナー、クルーズライターの上田寿美子氏の講演会などイベントを楽しんだ。4月30日出航の「ゴールデンウィーク 南国土佐と石垣島・台湾クルーズ8日間」はクルーズプラネットとエイチ・アイ・エスによる共同チャーター。コースは横浜~高知~石垣島(初寄港)~基隆~横浜。船上では落語家を招いたオリジナルイベントなども行われた。ミレニアムは今秋にも、日本一周クルーズを実施する(9月24日出航「日本一周 錦秋クルーズ11日間」)。

2017年5/25

RCI、マリナーのシンガポール発着開始を9月に前倒し

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)は、「マリナー・オブ・ザ・シーズ」(13万8279トン)の2017年度シンガポール発着クルーズを、当初予定を1カ月早め9月から開始、10出発日を追加すると発表した。追加コースも既に販売を開始している。マリナーは9月1日に上海を出航、アモイや香港、フーミー(ホーチミン)を経てシンガポールに到着。9月10日から3~4泊のシンガポール発着クルーズを実施する。同船は2013年からアジアに就航していたが、2018年春以降はマイアミへ配船となる。中東、ヨーロッパ経由でマイアミに着後は32日間の改装工事を実施。2018年6月22日から3~4泊のマイアミ発着バハマ・カリブ海クルーズを実施する。2018年秋からは姉妹船の「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」がシンガポール発着に就航予定。

2017年5/22

セレブリティ、「セレブリティ・コンステレーション」を改装

セレブリティクルーズは、「セレブリティ・コンステレーション」(9万940トン)の改装を5月12日から26日まで実施する。プールデッキには、自分好みのハンバーガーオーダーできる「トップデッキ・バーガーバー」が同社初登場。屋外ラウンジ「ルーフトップテラス」では、星空の下で映画を観賞しながら食事ができるイベントも。また、これまでの「オーシャンライナー」に代わり、斬新な内装のレストラン「クイジーヌ」を設置する。ペントハウススイート客室、ロイヤルスイート客室のバスルームには陶磁器質のタイルや大理石を使用し、その他のスイート客室はカーペットやカーテンなどを刷新した。全ての客室に「RFIDドアロック」を採用し、シーパスカードをタッチするだけで開錠が可能となる。同社のリサ・ルトフ・ペルロ社長兼最高経営責任者(CEO)は、「私たちはクルーズで経験できることの境界線をどんどん広げていきたいと考えている。これらの改装により、船上でのクルーズライフをさらにお楽しみいただけるだろう」とコメントした。同船は改装後、地中海、アラビア海、アジアをめぐるクルーズを実施する。

2017年5/20

MSC、イタリアイベントに出展 日本発着プレゼントも

MSCクルーズジャパンは、5月20日、21日に六本木ヒルズにて開催されるイベント「イタリア・アモーレ・ミオ!2017」に出展する。 同イベントは昨年、イタリアと日本の国交樹立150周年を記念して在日イタリア商工会議所が開催したもので、5万人以上が来場し好評を博した。今回はイタリアの料理、音楽とスポーツの代表ブランドを紹介する。MSCは、同社初となる2018年の日本発着クルーズや、まもなく就航を開始する新造船MSCメラビリア(16万7600トン)を中心にイタリア客船でのクルーズの魅力を伝える。ブースでは、日本発着クルーズの航路紹介や、MSCスプレンディダのレセプションエリアを背景に写真撮影ができる。SNSに投稿すると、メモ帳やステッカーのプレゼントがある。 さらに、メールマガジンに登録すると日本発着クルーズが当たるキャンペーンを実施する。開催の概要は以下のとおり。■「イタリア・アモーレ・ミオ!2017」日 時:平成 29年5月20日(土)、21日(日)10時~20時会 場:六本木ヒルズ 大屋根プラザ、ヒルズカフェ、66プラザ(MSCクルーズジャパンのブースは大屋根プラザ)

2017年5/17

シーボーン・ソジャーン、横浜港に初入港

シーボン・クルーズの「シーボーン・ソジャーン」(3万2346トン)が8日、横浜港に初入港した。香港発神戸着で清水、鹿児島、基隆、上海などをめぐる19日間のクルーズによるもので、満船での入港となった。翌9日には、初入港歓迎セレモニーや、旅行会社やメディア向けの船内見学会が行われた。シーボーン・ソジャーンは同日23時に神戸に向け出港予定。

2017年5/16

MSCクルーズ、2019年就航「MSCベリッシマ」販売開始

MSCクルーズは2019年3月に就航させる新造船「MSCベリッシマ」(16万7600トン)の先行販売を開始した。5月1日からMSCボヤージズクラブ(リピーター)会員向けに、15日から一般向けに販売を開始する。2017年7月31日までに予約すると船内の「カルーセルラウンジ」で上演するシルク・ドゥ・ソレイユのディナー付きショー(通常35ユーロ)が無料で提供される(座席数に限りあり)。このほか10月31日までの早期割引(5パーセント)などがある。同船は今年6月就航予定の「MSCメラビリア」(16万7600トン)の同型第2船。2019年3月24日にジェノバからデビュークルーズに出航、西地中海クルーズに就航する。

2017年5/15

ロイヤル・カリビアン、キューバ寄港クルーズ運航開始

ロイヤル・カリビアン・インターナショナルはキューバ寄港クルーズの運航を開始、「エンプレス・オブ・ザ・シーズ」(4万8563トン)が4月23日、ハバナに初寄港した。同船はこの後11月までタンパ発着で4~6泊のキューバ寄港クルーズを実施する。マイケル・ベイリー社長兼CEOは「キューバは世界中の旅行者から注目を集める唯一無二のデスティネーション。その独特な文化や伝統を存分に体験いただける」とコメントしている。

2017年5/14

ぱしふぃっく びいなす、ワンナイトクルーズ観光付きプラン

日本クルーズ客船は、「ぱしふぃっく びいなす」(2万6594トン)の6月の「ゆったりワンナイトクルーズ」にホテル宿泊や観光を組み合わせたプランを4コース設定した。概要は下記のとおり。詳細はリンク先を参照のこと。■伊勢神宮参拝と戸田家温泉村でのんびり3日間2017年6月3日(土)~5日(月) 大阪上本町駅発・名古屋港乗船~神戸港下船■初夏の瀬戸内海満喫3日間2017年6月4日(日)~6日(火)名古屋港乗船~神戸港下船・名古屋駅着■しっとり京都と神戸の酒蔵を訪ねる3日間2017年6月10日(土)~12日(月) 東京駅発・神戸港乗船~横浜港下船■古都鎌倉を訪ねる3日間2017年6月11日(日)~13日(火) 神戸港乗船~横浜港下船・新大阪駅着

2017年5/12

ノルウェージャン ジョイ、全世界で中国発着クルーズ販売開始

ノルウェージャン・クルーズラインは2日、今夏就航予定の「ノルウェージャン ジョイ」(16万4600トン)の中国発着クルーズの一部について、全世界での販売を開始した。各出港日につき客室100室のみ、FIT限定での販売となる。同船による中国発着クルーズは当初、中国市場のみでの販売予定だった。販売されるのは、上海発着や天津発着など3泊~6泊のクルーズ6コース。それぞれ長崎、宮崎、広島、高知、大阪など西日本をめぐるもの。

2017年5/11

ぱしふぃっく びいなす2017年下期コース発表

日本クルーズ客船は、「ぱしふぃっく びいなす」(2万6594トン)の2017年下期クルーズを発表した。既発表を含め国内32コース、海外クルーズ4コース。国内クルーズには、紅葉の時期に北海道や上越をめぐる「秋の日本一周探訪クルーズ」を設定。直江津(新潟)、鳥取、宇部(山口)では無料シャトルバスを利用することができる。そのほか、初心者でも参加しやすいワンナイトクルーズを多く実施し、恒例のクリスマスクルーズは1泊2日の日程で関西、中部、関東発着を設定した。祭りや花火を鑑賞するクルーズが引き続き登場。海外クルーズは年末年始に実施する恒例の「びいなすニューイヤークルーズ~台湾・南西諸島~」を設定。台湾の蘇澳、石垣島、那覇、奄美大島などをめぐる。洋上で新年を迎え、初日の出が楽しめる。販売開始は2017年6月16日(金)。「福江みなとまつりと屋久島・佐世保クルーズ」「長崎くんち・九州一周クルーズ」「秋の日本一周探訪クルーズ」の3コースのみ、2017年5月19日(金)から先行販売する。

2017年5/9

キュナード、「クイーン・ヴィクトリア」を4千万ドルかけ改装

キュナード・ラインは5月から「クイーン・ヴィクトリア」(9万49トン)の改装をイタリアのフィンカンティエリ造船で実施する。総工費4千万ドルを投じ、6月4日に改装を終える予定。改装ではデッキスペースを拡張し、「リド・サンデッキ」を一新。ラウンジスペースを拡張し、カバナなどを設置する。ラウンジスペースの「ウィンター・ガーデン」はカーペットなどを刷新し、ガラス張りのサンルームを設置する。客室は「ブリタニア・クラブ」クラスを43室新設。同客室には幾何学模様のカーペットやリネン、薄型テレビ、コーヒーメーカーを配置する。「ブリタニア・クラブ」クラス専用レストランの「ブリタニア・クラブ・ダイニング」も新設する。そのほか、「クイーンズ・グリル」クラスの「ペントハウス・スイート」を刷新し、バルコニーや荷物スペースを拡張する。キュナード・ラインのジョシュ・レイボヴィッツ上級副社長は、「この改装により、船上での体験がより豊かなものになるだろう。これまでの船のデザインを引き継ぎつつ、わが社だけが提供できるモダンな船旅体験をお届けしたい」とコメントした。同船は改装後、サウサンプトンに戻り、アムステルダムとブルージュを周遊する4泊クルーズに出航する。

2017年5/8

三菱重工、第2船「アイーダ・ぺルラ」引き渡し

三菱重工業は長崎造船所で建造したアイーダ・クルーズ向けの第2船「アイーダ・ぺルラ」(12万5000トン)を竣工、27日に引き渡し式を開催した。同船は昨年3月14日に引き渡した「アイーダ・プリマ」の同型第2船。5月初旬にスペインのマヨルカ島に向けて出港する。引き渡し式にはアイーダを傘下に置くコスタ・グループのマイケル・タム社長、アイーダ・クルーズのフェリックス・アイヒホーン社長、三菱重工業の宮永俊一社長、木村和明副社長執行役員インダストリー&amp;社会基盤ドメイン長が出席。それぞれの代表者が引き渡し書類に署名した。フラッグ・チェンジ・セレモニーでは船体後部に掲げられている旗を日本国旗からイタリア国旗に変更した。同船は3月20日に進水し、艤装工事を実施してきた。6月1日にマヨルカ島を出港し、デビュークルーズを行う。命名式は6月20日にマヨルカ島で開催する。アイーダ・ぺルラは12万5000トン、全長300メートル。18デッキを有し、総客室数1,643室で、アイーダでは最大。船内には3層吹き抜けの多目的シアターやレストラン、バー、ショップ、サウナ、ディスコ、カジノなどのパブリックスペースや、ビール醸造設備がある。最上層には2カ所のプール設備に大型ドーム天井を採用し、1カ所にはウオータースライダーを擁する。そのほか、アイススケートリンクにも変わるスポーツデッキを設置した。燃費性能向上のため、三菱重工独自の「三菱空気潤滑システム」(MALS)を搭載。ポッド推進装置やLNG(液化天然ガス)燃料供給装置、最新の排ガス浄化装置、エネルギー燃費を抑えた空調システムなど、最先端の省エネ技術を採用し、安全性を兼ね備えた環境技術を結集させた。

2017年5/7

NHKで5月3日、飛鳥Ⅱ船上から生中継

2017/04/28 NHKで5月3日(水)放送の「ひるブラ」で、郵船クルーズの「飛鳥Ⅱ」(5万142トン)船上から生中継をする。「豪華客船☆すべて見せます!~東京・晴海ふ頭~」と題し、同船の大海原をのぞむロイヤルスイートルームや、1日6食の食事、煙突の塗り替え作業などを紹介する。番組概要は以下のとおり。■番組概要放送日時:2017年5月3日(水)12:15~放送局:NHK総合番組名:ひるブラ「豪華客船☆すべて見せます!~東京・晴海ふ頭~」

2017年5/5

横浜市、「横浜港客船フォトコンテスト」応募作品募集

横浜市では客船や港に親しんでもらうため、「横浜港客船フォトコンテスト」への応募作品を募集している(主催:横浜港振興協会、共催:横浜市港湾局)。テーマは「横浜港とクルーズ客船」。入賞作品には賞状と副賞を贈呈する。入賞作品は横浜市港湾局ホームページなどで公開するほか、大さん橋国際客船ターミナルや横浜市庁舎などで展示会を開催する。応募方法は以下のとおり。応募についての詳細は5月中に港湾局ホームページや区役所広報相談係で配布するチラシで告知する。■横浜港客船フォトコンテスト・テーマ:横浜港とクルーズ客船・対象作品:2016年9月1日(木)~2017年8月31 日(木)の期間に撮影した作品・応募期間:2017年9月1日(金)~15 日(金)消印有効・応募・問い合わせ先:一般社団法人横浜港振興協会「横浜港客船フォトコンテスト2017」事務局〒231-0002 横浜市中区海岸通1-1 大さん橋ふ頭ビル2階TEL:045-671-7241(受付時間9:00~17:00 ※土日祝は除く)

2017年5/4

神戸開港150年記念、ぱしふぃっくびいなすチャーター

神戸市と神戸市客船誘致協議会は、ぱしふぃっくびいなすをチャーターして神戸市民クルーズを実施する。24日に発表した。従来の市民クルーズは客船の数室を対象に割引しているが、これは本船をチャーターして市民クルーズを行う企画。神戸開港150年記念事業の一環。<br /> <br /> 日程は9月1~3日の2泊3日で、瀬戸内海を航行し、宮崎・細島港に寄港する。歌手の八代亜紀さんのコンサートや神戸市室内合奏団による弦楽四重奏コンサートなど企画されている。市民クルーズ価格(大人1人分、2人1室利用の場合)は7万8000円(ステートJ・H)~20万円(スイート)。申し込みは先着順。

2017年5/3

キュナード、2019年横浜発着クルーズの予約好調

キュナード・ラインの「クイーン・エリザベス」(9万901トン)による2019年横浜発着クルーズが、4月19日(水)から販売を開始。当日から予想を上回る1,000人以上の予約が入った。2019年のコースの中で、横浜発着クルーズが全世界での週間予約数第1位。上級客室の「グリル・クラス」や「ブリタニア・クラス」などを中心に予約が入り、好調なスタートを切った。横浜発着クルーズは2本実施。2019年4月19日(金)就航で、横浜~函館~秋田~金沢~境港~釜山~八代~横浜をめぐる9泊クルーズと、4月28日(日)出航で、横浜~広島~釜山~長崎~横浜をめぐる7泊クルーズ。代金は4月19日出航が19万3600円~、28日出航が15万8000円~。

2017年5/1

神戸港、セレブリティ・ミレニアム寄港 歓迎行事開催

セレブリティ・クルーズの「セレブリティ・ミレニアム」(9万963トン)が19日、神戸港に入港した。香港発横浜着で、基隆、那覇、上海、神戸、清水に寄港する14泊クルーズによるもの。神戸市は神戸ポートターミナルで歓迎セレモニーを実施したほか、出港時には神戸市消防音楽隊による歓送演奏や神戸市消防艇によるカラー放水、バルーンリリースを行った。同船は20日、次港の清水に向け出港した。

2017年4/29

NCL、キューバ・クルーズ2018年も実施

ノルウェージャン・クルーズライン(NCL)は、2017年3月に開始したキューバ・クルーズを2018年も実施する。「ノルウェージャン・スカイ」(7万7104トン)のマイアミ発着をバハマ周遊クルーズからキューバ寄港クルーズに変更し、販売を開始している。詳細は下記の通り。「ノルウェージャン・スカイ」キューバ&amp;バハマクルーズ 4泊■コース:マイアミ~ハバナ(1停泊)~グレート・スターラップ・ケイ~マイアミ出発日:2018年3月26日、4月9日・16日・23日・30日、5月7日・14日・21日・28日、6月4日・11日・18日・25日、7月2日・9日・23日・30日、8月6日・13日・20日・27日、9月3日・10日・17日・24日、10月1日・8日・15日・22日・29日、11月5日・12日■コース:マイアミ~グレート・スターラップ・ケイ~キー・ウエスト~ハバナ~マイアミ出発日:2018年4月2日

2017年4/28

国交省、3月の客船寄港回数を発表

国土交通省は、2017年3月のクルーズ客船の日本の港への寄港回数を207回(前年同期比1.49倍)と発表した。内訳は日本船70回、外国船137回。今年1月から3月までの寄港総数は375回(前年同期比1. 60倍)となった。<br /> <br /> 国土交通省は2016年7月から毎月1回、客船の寄港回数を「Japan Cruise Report」としてホームページで公表している。

2017年4/26

プリンセス、2018年日本発着販売開始 通年運航で10万人強想定

プリンセス・クルーズは20日、「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5875トン)の2018年日本発着クルーズの詳細を発表、販売を開始した。既報のとおり、2018年は4月から翌年3月まで通年で日本に就航し(年末のシンガポール発着と年初のドライドックを除く)、38出発日で7カ国35港に寄港。初寄港地は四日市、石巻、酒田、岩国、鳥羽、カイラン(ベトナム)。コースの特長としては、同一航路を連続して実施して複数の港で乗下船できる「インターポーティング」が登場。横浜、名古屋、大阪から乗下船でき、中部地方からの発着は同船初めてとなる。そのほか6日間以下のショートクルーズを9本設定。神戸開港150周年クルーズでは記念品のプレゼント、明治維新150周年クルーズでは特別ゲストを迎えトークセッションなどテーマ性のあるクルーズも設定した。花の名所や夏祭りを訪ねる定番人気のコースも設定している。同社と、日本オフィスのカーニバル・ジャパンは20日に開催した2017年日本発着就航記念イベントで、2018年のコースを発表した。プリンセス・クルーズのインターナショナル・オペレーション担当エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントのアンソニー・H・カウフマン氏は「2018年、日本に通年で配船することをうれしく思う。日本の新しい寄港地も5つ登場し、この3年間で10カ所の新しい港に寄港することになる。各港の経済やビジネスに貢献させていただいていると思う。これからもできるだけ多くの日本の港に寄港し、多くの皆さまとお会いできるよう努力していきたい。日本人だけでなく、世界中からの乗客が日本各地の美しい風景や文化に触れるような機会がますます増えることを祈っている」とあいさつ、日本の各港への貢献を表明した。<br /> <br /> カーニバル・ジャパンの堀川悟社長は「日本初就航から2016年までに11万人近くの日本人のお客さまに乗船いただいている。2018年は4月から翌年3月まで通年配船することにより10万人強のお客さまに7カ国35の港を楽しんでいただく。初めてでも参加しやすいショートクルーズを9本、6つの新寄港地、花見や夏祭りなど季節を感じるクルーズ、神戸開港150周年、明治維新150周年を記念するクルーズ、横浜・名古屋・大阪から乗下船できるインターポーティングクルーズなどが特徴。今日から発売を開始し、割引キャンペーンも展開していく。旅行会社やメディア、港湾、国土交通省の協力を得ながら配船を増強していきたい」と日本発着に尽力していくことを語った。2018年商品をプレゼンテーションしたカーニバル・ジャパンの船木健営業課長は、早期割引など割引キャンペーンを紹介し、「2017年の初便である日本一周クルーズは昨年10月に売り切れてしまい、外国人のお客さまが圧倒的に多い。日本の方に早く休みの予定を検討してご予約いただかないと、先に海外のお客さまで売り切れてしまう。クルーズは早く予約してよい客室をとる、またお得な割引も利用するという案内を、旅行会社の皆さまにしていただきたい」と、早期予約の重要性を説明した。イベントには2017年にプリンセス・クルーズ・アンバサダーとして同船に乗船予定の女優・萬田久子さんが登場。船上で叶えてみたいこと、クルーズに期待することを語った。2018年に初寄港となる自治体の首長ら関係者も登壇し、寄港の喜びと、各地の魅力を伝えた。早期予約割引、スーパー早期予約、3~4人目無料、リピーター割引など各種割引の設定あり。

2017年4/25

ダイヤモンド・プリンセス、2017年日本発着開始

プリンセス・クルーズは20日、「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5875トン)の2017年日本発着クルーズを開始した。20日朝、同船は改装でペイントしたロゴマークをまとった新しい船体で、横浜港に今年初寄港。17時に最初の航海となる「きらめく春の日本一周クルーズと韓国」へと出航した。同社と、日本オフィスのカーニバル・ジャパンは船内と横浜大さん橋で就航記念イベントを開催した。プリンセス・クルーズのインターナショナル・オペレーション担当エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントのアンソニー・H・カウフマン氏はあいさつに立ち、「2013年、『サン・プリンセス』による4カ月間のクルーズから始まった日本発着。今年も『ダイヤモンド・プリンセス』が日本に戻ってきて、5年目を迎える。今年は11月までと、これまでよりずっと長い就航期間となる。多くの賞を受賞し、アジアで、日本でナンバーワンの外国客船として認識・評価をいただいていることを誇りに思っている。毎年乗客の満足度が上がっていることがそこに表れていると思う」と日本発着の評価が着実に上がっていることを報告。カーニバル・ジャパンの堀川悟社長は「2017年は4月から11月まで28本の日本発着を行い7万6000人に乗船いただく。今年はさまざまな分野で活躍する5人の女性がプリンセス・クルーズ・アンバサダーとして乗船、先頭を切って萬田久子さんに乗船を体験いただく。体験記を皆さまと共有することで多く方にクルーズの魅力を知ってほしい」と2017年クルーズへの期待を語った。祝辞に立った国土交通省港湾局の菊地身智雄局長は「プリンセス・クルーズには日本発着クルーズの先駆者として、日本人へのクルーズ文化の拡大に大きく貢献いただいている。わが国の港湾へのクルーズ船の寄港回数は急増しており、昨年は2018回と過去最高。クルーズで日本に来た外国のお客さまは199万2000人と200万人に届く時代だ。クルーズ船の寄港は地域に大きな経済効果をもたらすことから、地方創生のモデル的なプロジェクトとして国土交通省としてもしっかりサポートしていきたい」と、プリンセス・クルーズの日本各港への貢献へ感謝を述べた。

2017年4/24

岐阜県内の観光協会、クルーズと岐阜観光を組み合わせツアー企画

岐阜県の関市観光協会、美濃市観光協会は共同で、「にっぽん丸」(2万2472トン)の横浜~名古屋クルーズと岐阜観光を組み合わせたツアー「客船にっぽん丸で航く~海から岐阜へ~“世界農業遺産 清流長良川の鮎”の文化を楽しむクルーズ」を企画している。太平洋側の港から岐阜県への誘客を主眼にしクルーズと組み合わせたツアーは、初の試み。協力は岐阜県・岐阜県クルーズ船客誘客推進協議会、旅行企画・実施はツアーステーション。2017年6月12日出発の1泊2日で、横浜大さん橋集合、にっぽん丸のワンナイトクルーズに乗船し名古屋で下船、専用バスで岐阜県を観光し、名古屋駅で解散する。岐阜県は、2015年に「全国クルーズ活性化会議(会長:林文子横浜市長)」に内陸自治体として初めて加入。2016年には国土交通省中部地方整備局と共催で「クルーズシンポジウムin岐阜」を開催、「岐阜県クルーズ船客誘客推進協議会」が発足するなど、いわゆる“海なし県”ながらクルーズ振興への取り組みを開始している。行程、問い合わせ先など詳細は下記リンク先を参照のこと。岐阜県観光連盟ホームページhttp://www.kankou-gifu.jp/news/index.cfm#wn746

2017年4/23

飛鳥Ⅱ、「TAKARAZUKA ON ASUKAⅡ」の出港歓送行事日本客船

郵船クルーズの「飛鳥Ⅱ」(5万142トン)が14日、飛鳥クルーズ初となる宝塚歌劇とのコラボレーションクルーズ「TAKARAZUKA ON ASUKAⅡ」に出航した。横浜市港湾局はこれに伴い、大さん橋国際客船ターミナル屋上デッキで記念セレモニーを開催。同クルーズに乗船する、昨年11月に宝塚歌劇団を退団した元星組・男役トップスターの北翔海莉(ほくしょう かいり)をはじめ、妃海風(ひなみ ふう)、天羽珠紀(あもう たまき)、祐澄しゅん(ゆうずみ しゅん)、月央和沙(つきお かずさ)、百千糸(ももち いと)の出席のもと、横浜市消防音楽隊の演奏、花束贈呈などが行われた。セレモニーでは、伊東慎介港湾局長が「横浜港と宝塚歌劇とは、戦前に北米公演へ行くとき、郵船の氷川丸に大さん橋から乗船した記録があるなど、昔から深い関わりがある。今回の飛鳥Ⅱと宝塚歌劇とのクルーズでさらに深い縁ができた。この素晴らしいクルーズの成功を祈念する」とあいさつ。引き続き、北翔海莉さんが「本日は飛鳥Ⅱと宝塚歌劇が初めてコラボレーションしたクルーズが出航する素晴らしい日。イベントも開催していただき、多くの方々が見送りに集まってもらい感謝している。天気にも恵まれ、素晴らしい出航だ。私たちも初めてのイベントとして楽しみにしてきた。皆が思い出深いクルーズになるように存分に楽しんで来たい」と語った。最後に小久江尚船長が「セレモニーの開催や、大勢の見送りの皆さんに感謝する。このクルーズは、横浜港発着で伊豆半島の西側の駿河湾や東側などを巡る2泊3日のコース。船上では、北翔海莉さんはじめ6名の方々による初の洋上でのスペシャルステージやイベントで宝塚歌劇の世界を堪能していただきたい」と述べた。飛鳥Ⅱは17時に離岸し、多くの見送り客の中、紫色や水色、白の紙テープの舞う華やかな出航となった。

2017年4/21

クイーン・エリザベス、2019年室蘭に初寄港

キュナード・ラインは「クイーン・エリザベス」(9万901トン)が2019年5月8日に室蘭港に初寄港すると発表した。寄港するのは2本の横浜発着クルーズの後の横浜からアラスカまでのクルーズ途上。5月5日に横浜を出航し、7日青森、8日室蘭に寄港する。同クルーズでは既に発表されていた青森も初寄港で、このたび室蘭が追加された。

2017年4/18

シルバー・ミューズ、引き渡し完了

シルバーシー・クルーズの新造船「シルバー・ミューズ」(4万700トン)のイタリアのフィンカンティエリ造船からの引き渡しが完了した。3日、引き渡しに伴い、同船に掲げられていたフィンカンティエリ造船の旗を下げ、シルバーシー・クルーズの旗を掲揚するセレモニーを開催した。19日にモナコで命名式を開催する。シルバー・ミューズは同社の8年ぶりとなる新造船で、新たなフラッグシップとなる。同船はメイン・ダイニングがなく、8カ所設置されるダイニングから選択できるなどの特徴を持つ。■就航したシルバー・ミューズの動画https://www.youtube.com/watch?v=24iVCAq-lq8

2017年4/17

クリスタル・シンフォニー、東京港へ寄港

クリスタル・クルーズの「クリスタル・シンフォニー」(5万1044トン)が13日から14日にかけ東京港晴海ふ頭に寄港した。今回の乗客数は約940人で、ほぼ満船での寄港となった。船内ではクリスタル・クルーズと日本販売代理店の郵船クルーズが見学者向けに説明会を実施。クリスタル・クルーズの小金潤セールスマネージャーは「クリスタル・クルーズは日本人スタッフの常駐、寿司バーや和朝食、全室バスタブ付きの客室や備え付けの浴衣、日本の新聞のデジタル版閲覧など、日本人が最も安心して乗船できる客船だ」と特長を説明。ヨットクルーズやリバークルーズなど同社新規事業のクルーズの魅力も語った。出港は14日20時。前港は清水、次港はホノルル。同船は10月に改装を予定している。

2017年4/16

神戸港、オイローパが初寄港

ハパグロイド・クルーズのオイローパ(2万8890トン)が11日、神戸に初寄港した。同船は、ベルリッツのクルーズガイドでファイブスター・プラスを獲得している最高級船。世界一周クルーズで日本に寄港。博多~広島~姫路と寄港し、神戸に入港。12日に出港後、鳥羽、八丈島に寄港する。12日には旅行会社向け見学会が開催された。オラフ・ハートマン船長は、11カ月間の世界一周クルーズに乗船している乗客が7人いることなど魅力を紹介。ハパグロイド・クルーズの日本販売総代理店クルーズ・バケーションの木島榮子社長は、同船の今年の商品がほとんど完売で、来年以降の商品が販売されていることなど人気が高いことを説明した。

2017年4/15

スタークルーズ、日本発着で「日本人のための日本のエンタメを」

スタークルーズが実施する「スーパースター ヴァーゴ」(7万5338トン)の大阪・横浜発着クルーズでの「ヴァーゴ the よしもと@クルーズ」プロジェクトの発表会見にあたり、スタークルーズを統括するゲンティンクルーズラインのマイケル・ゴー営業部門上級副社長とゲンティン香港のコーリン・カーエンターテインメント部門上級副社長が来日。大阪・横浜発着クルーズについて、両氏にインタビューを行った。同プロジェクトは、スタークルーズが今年の7月から11月まで実施する「スーパースター ヴァーゴ」の大阪・横浜発着クルーズによしもとの芸人が毎週乗船し、各クルーズ中に1回、船内シアター「リド」にて漫才やコントのステージを開催するというもの。―今回のよしもととのコラボレーションについて(カー氏)日本人乗客が自宅にいるような居心地のよい空間で楽しめるよう、日本語で、しかも身近な存在であるよしもとのステージを船内で開催することを考えた。日本寄港では日本の伝統文化などのショーを実施することが多いが、それはインターナショナルな乗客に向けたのもの。日本人が心から楽しめる日本のエンターテインメントを届けたいという思いから今回のプロジェクトに至った。日本のクルーズマーケットはまだまだ伸びしろがある。日本人にとって身近なものをきっかけに、クルーズに興味を持っていただきたい。(ゴー氏)よしもとは日本のエンターテインメント界でナンバーワンの企業といっても過言ではない。お客さまに最高のエンターテインメントをお届けできると確信している。他の船にはないエンターテインメントが楽しめるだろう。―大阪・横浜発着クルーズで、ほかに日本人向けのエンターテインメントやサービスはあるか(カー氏)「スーパースター ヴァーゴ」の船内にはカラオケ施設(有料)がある。大阪・横浜発着クルーズに向けて、日本の曲を大幅に増やし、最新曲のラインナップをそろえている。ほかにもバスケットコートで行う安全なアーチェリーや、バブルフットボールなど、大人数で楽しめるイベントも用意している。日本人スタッフも乗船し、船内生活で困った時などサポート体制は万全だ。(ゴー氏)スタークルーズは24年前の設立時から日本に向けたビジネスを展開してきており、日本人がどのようなサービスを好むかということを熟知している。大阪・横浜発着クルーズに向けて、ツインベッドの数を増やしたり、ゆかたや緑茶を用意したりと、日本のみなさまがリラックスして過ごせるような環境を整えている。―スタークルーズとドリームクルーズのエンターテインメントの特徴と魅力(カー氏)スタークルーズはショーだけでなく、朝起きてから夜眠るまで、船旅での体験すべてがエンターテインメント。乗客の1日のリズムに合わせたプログラムを提供できるようにしている。(ゴー氏)スターナビゲーター(船内新聞)でプログラムを確認し、それぞれが好きなものに参加できる。日本発着では日本語の船内新聞も用意する。(カー氏)ドリームクルーズはアクティビティーがより充実しており、それぞれが好きなエンターテインメントを選択し、クルーズライフをカスタマイズすることができる。船内新聞に沿ってクルーズライフを創りあげるスタークルーズとはまた違い、あらゆる選択が可能といったところが特徴だ。―大阪・横浜発着クルーズには日本人以外、中国からなどの乗客も参加するがその対応は/今回は大阪・横浜発着に向けての新しい試みとして、よしもと芸人によるステージという、日本人の特に若い世代に向けたエンターテインメントを取り入れた。だが、スタークルーズの客船にはさまざまな国籍の乗客がいて、どんな世代の方でも平等に楽しめるサービスの提供を心掛けている。例えば中国の方には、上海の要素が入ったプロダクションショーや、ボールルームダンスショーを楽しんでいただけると思う。普段はフィリピン人などによるミュージックライブを開催しているが、今回は日本人アーティストによるライブも実施する予定だ。各国の幅広い年代の方々に楽しんでいただけるエンターテインメントをお届けする。――――――――スタークルーズが満を持して実現する「スーパースター ヴァーゴ」の大阪・横浜発着クルーズ。同クルーズについてゴー氏は、「7、8月は夏休みの時期で、海外へ飛行機の旅行などで家族旅行を計画しても値段が高くなりがち。だが、ヴァーゴの横浜・大阪発着クルーズは日本から出発できリーズナブルで、かつ国内と海外を一度に楽しむことができる」とアピール。カー氏は「ヴァーゴはカジュアルに楽しめる船。あらゆる年代の方が満足できるコンテンツがこの船にはそろっている。伝統的なガラ・ディナーなど、7万トンクラスのヴァーゴだからできるおもてなしを提供したい」と熱く語った。大阪・横浜クルーズ販売開始後の反応にも手ごたえを感じているようで、この新プロジェクトの発表が、日本発着クルーズをますます盛り上げていくことを期待したい。

2017年4/13

スタークルーズ、ヴァーゴ日本発着でよしもと芸人のステージ開催

スタークルーズは、今年の7月から11月まで実施する「スーパースター ヴァーゴ」(7万5338トン)の大阪・横浜発着クルーズで、よしもとクリエイティブ・エージェンシーとコラボレーションし、「ヴァーゴ the よしもと@クルーズ」プロジェクトを開始する。同プロジェクトは、「スーパースター ヴァーゴ」の大阪・横浜発着クルーズによしもとの芸人が毎週乗船し、各クルーズ中に1回、船内シアター「リド」にて漫才やコントのステージを開催するというもの。12日、都内で発表会見を行った。スタークルーズを統括するゲンティンクルーズラインのマイケル・ゴー営業部門上級副社長は、「ヴァーゴの船内は驚きがいっぱい。ファミリーからカップルまで、さまざまな年代の方が楽しめる」とあいさつ。ゲンティン香港のコーリン・カーエンターテインメント部門上級副社長は、「日本でナンバーワンのエンターテインメントを誇るよしもとの方たちと一緒にコラボレーションできることはとてもうれしい」と述べた。ゲンティンクルーズラインの山本有助スタークルーズ日本オフィス代表は、「よしもとの芸人たちとのコラボレーションで、日本発着クルーズを盛り上げていきたい。このプロジェクトを通して、クルーズをより身近に感じていただければ」と語った。同会見には、よしもとに所属する芸人の千原せいじさん、ココリコ、千鳥、庄司智春さんらが登場。「スーパースター ヴァーゴ」に乗船した芸人の「もう中学生」さんは、同船の魅力を動画を交えて紹介。「ヴァーゴに乗船して、体だけでなく、心までもが癒やされた。日本にいても食べられないような世界各国の料理を、時間を気にせず食べられるのはヴァーゴならでは」と感想を語った。船内の動画を見た千原せいじさんらは、「船内の施設も豪華で、まさに動くホテルだ。食事もさまざまな種類から選べて、コストパフォーマンスもよく、われわれもぜひヴァーゴに乗ってみたい」と船内の施設やサービスの充実度に驚きの声を上げた。最後に、「スーパースター ヴァーゴ」の乗船券を懸けて芸人らがアピール。千鳥の大悟さんが選ばれ、コーリン・カーエンターテインメント上級副社長から乗船券がプレゼントされた。大悟さんは「奥さんと一緒に行きます」とコメントした。

2017年4/12

ゲンティンクルーズライン、2017フォーラム開催

ゲンティン香港は、傘下のスタークルーズ、ドリームクルーズ、クリスタルクルーズの3船社をまとめて呼ぶ際のブランド名を「ゲンティンクルーズライン」とすると発表した。組織に変更はなく3船社の社名も継続し、これまで通りゲンティン香港の傘下とする。ゲンティンクルーズラインが4月7日から9日までドリームクルーズの「ゲンティン ドリーム」(15万1300トン)船上で開催した、「2017トラベルエージェント&amp;メディアパートナーフォーラム」で発表したもの。フォーラムではドリームクルーズのサッチャー・ブラウン社長のあいさつに続き、ゲンティンクルーズラインのマイケル・ゴー営業担当上級副社長が登壇して同社のプレゼンテーションを行った。ゴー営業担当上級副社長は「アジアにおいてクルーズを楽しんでいるのは人口のわずか0.5パーセント。まだまだポテンシャルがある」という認識を示し、「ゲンティンクルーズラインの船で、新航路を含めた魅力的な船旅を提供したい」と語り、新航路を発表した。ひとつはゲンティン ドリームの姉妹船で今年12月にデビューする「ワールド ドリーム」によるもの。12月から2018年3月まで香港・広州の2都市を母港に、マニラとボラカイまたはハロン湾とダナンに寄港する5泊クルーズと、香港発着の2泊週末クルーズを運航する。もうひとつはスタークルーズ「スーパースター ジェミナイ」(5万764トン)の新航路。今年12月から2018年4月末まで、バンコク発着で以下3コースを運航する。①シアヌークビル(カンボジア)とサムイ島(タイ)に寄港する3泊クルーズ②シアヌークビルに寄港する2泊クルーズ③コン島(カンボジア)に寄港する2泊クルーズ。フォーラムではそのほか、クリタルクルーズのプレゼンテーションや、ゲンティンクルーズラインが寄港する各国の政府観光局代表が寄港地のピーアールを行い、日本からは沖縄県香港事務所の税所清隆所長が沖縄と宮古島の食や観光の魅力、アクティビティーを紹介した。今回のフォーラムにはアジア・オセアニアの12カ国から旅行代理店、メディア関係者約300人が参加した。

2017年4/11

MSCクルーズ、自主として初の日本発着クルーズを2018年に実施

MSCクルーズは、2018年に「MSCスプレンディダ」(13万7936トン)で横浜発着クルーズを実施する。同社が自主として日本発着を行うのは初めて。2018年5月6日(日)横浜発で、伏木富山、金沢、京都舞鶴、釜山、鹿児島、高知をめぐる9泊クルーズ。クルーズ代金(2人一室利用の場合の大人1人分)は9万8000円から。発売開始は4月10日(月)。同社が7日、イタリア大使館で開催した2018年商品発表イベントで発表した。ジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使は、「イタリアと日本は『海への愛』を共通して持っている。イタリアのナポリで生まれたMSCクルーズが風光明媚な日本をめぐるこのクルーズはとても楽しみだ」とあいさつした。MSCクルーズジャパンのオリビエロ・モレリ社長は「MSCクルーズジャパンは2018年に創立10周年を迎え、わが社にとって大切な1年になる。この横浜発着のクルーズでは日本の魅力ある5港と釜山をめぐる。全てのお客さまにとって忘れられないバカンスになるよう、地中海式の“おもてなし”を提供したい」とコメントした。横浜市の伊東慎介港湾局長は「MSCクルーズにとって初の日本発着クルーズを横浜港からスタートできることを大変光栄に思う。今回の寄港をきっかけにMSCクルーズとさらなる関係を築いていきたい」とあいさつした。富山県観光・交通・地域振興局の亀井明紀港湾局長は「富山県はコンパクトでありながら、多くの文化や歴史、自然が凝縮されている。この日本発着クルーズをきっかけに、富山の魅力を知ってもらえれば」と述べた。石川県商工労働部の普赤清幸部長は「金沢港は日本の中央に位置している。日本の歴史、自然、食を堪能できる絶好の地だ。みなさんのご要望に応えて、オーダーメイドの観光を提供したい」とアピール。京都府の酒井敦史港湾局長は「京都舞鶴港は山に囲まれた地で、入港の際には北欧のフィヨルドのような景色を楽しんでいただける。京都府民とともに、MSCスプレンディダを迎える準備は万端だ」と述べた。鹿児島県PR・観光戦略部の古土井健次長兼参事は「鹿児島港は来年3月をめどにCIQターミナルを整備する。また、2018年のNHK大河ドラマは『西郷どん』。鹿児島で西郷隆盛の足跡を楽しんでいただきたい」とコメント。高知県の尾崎知事は「大政奉還150年、明治維新150年と、今年と来年は歴史的にも記念になる年。坂本龍馬をはじめとする英雄をたくさん輩出している高知で、日本の歴史を深く感じてほしい」とアピールした。

2017年4/9

にっぽん丸、初の九州7県周遊クルーズを発表

商船三井客船は「にっぽん丸」(2万2472トン)の新商品「飛んでクルーズ九州~九州一周~」を発表した。2017年10月16日出航の8泊9日で、コースは博多~別府~宮崎~徳之島~鹿児島~三角~上五島~唐津~博多。6日、博多港停泊中のにっぽん丸船内で、山口直彦社長とJTB九州の古田和吉社長、九州観光推進機構の渡邉太志事業本部長らが会見した。1航海で九州全7県をめぐるのはクルーズ業界初。九州各県の旬の食材を船上で楽しむなど九州の魅力を追求するクルーズとする。航空機やJRなどを組み合わせた多彩なコース設定をする予定。

2017年4/8

MSCクルーズ、初の日本発着クルーズを2018年に実施

MSCクルーズは、2018年に「MSCスプレンディダ」(13万7936トン)で横浜発着クルーズを実施する。同社が日本発着を行うのは初めて。2018年5月6日(日)横浜発で、伏木富山、金沢、京都舞鶴、釜山、鹿児島、高知をめぐる9泊クルーズ。クルーズ代金(2人一室利用の場合の大人1人分)は9万8000円から。発売開始は4月10日(月)。同社が7日、イタリア大使館で開催した2018年商品発表イベントで発表した。ジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使は、「イタリアと日本は『海への愛』を共通して持っている。イタリアのナポリで生まれたMSCクルーズが風光明媚な日本をめぐるこのクルーズはとても楽しみだ」とあいさつした。MSCクルーズジャパンのオリビエロ・モレリ社長は「MSCクルーズジャパンは2018年に創立10周年を迎え、わが社にとって大切な1年になる。この横浜発着のクルーズでは日本の魅力ある5港と釜山をめぐる。全てのお客さまにとって忘れられないバカンスになるよう、地中海式の“おもてなし”を提供したい」とコメントした。<br /> <br /> 横浜市の伊東慎介港湾局長は「MSCクルーズにとって初の日本発着クルーズを横浜港からスタートできることを大変光栄に思う。今回の寄港をきっかけにMSCクルーズとさらなる関係を築いていきたい」とあいさつした。富山県観光・交通・地域振興局の亀井明紀港湾局長は「富山県はコンパクトでありながら、多くの文化や歴史、自然が凝縮されている。この日本発着クルーズをきっかけに、富山の魅力を知ってもらえれば」と述べた。石川県商工労働部の普赤清幸部長は「金沢港は日本の中央に位置している。日本の歴史、自然、食を堪能できる絶好の地だ。みなさんのご要望に応えて、オーダーメイドの観光を提供したい」とアピール。京都府の酒井敦史港湾局長は「京都舞鶴港は山に囲まれた地で、入港の際には北欧のフィヨルドのような景色を楽しんでいただける。京都府民とともに、MSCスプレンディダを迎える準備は万端だ」と述べた。鹿児島県PR・観光戦略部の古土井健次長兼参事は「鹿児島港は来年3月をめどにCIQターミナルを整備する。また、2018年のNHK大河ドラマは『西郷どん』。鹿児島で西郷隆盛の足跡を楽しんでいただきたい」とコメント。高知県の尾崎知事は「大政奉還150年、明治維新150年と、今年と来年は歴史的にも記念になる年。坂本龍馬をはじめとする英雄をたくさん輩出している高知で、日本の歴史を深く感じてほしい」とアピールした。

(左から新しい順5件)

最近見たクルーズ

日本に住む外国人・旅行者へ


ハネムーン・新婚旅行クルーズ専門フネムーン

アプリ「Cruiseee」

x

コースが見つからない、
時間がない方は、電話番号:
03-5312-6247
まで。「親切・丁寧・安心・
スピーディー」にご対応

Page Top